さて、5Sはローマ字の”S”から始まる5つの言葉で、その意味は

 

  • 整理  :要るモノと要らないモノを分けて、要らないものを捨てること。
  • 清掃  :いつもきれいに保つこと。
  • 整頓  :必要なものがすぐに取り出せて、すぐに戻せること。
  • 清潔  :整理・清掃・整頓をずっと維持すること。
  • しつけ :きめられた事をきちんと守ること。

ですね。

 

5S活動を取り入れるなら最初に、5つのSの言葉の意味をしっかりと理解する必要があります。次に、それぞれの項目をきちんとした順序で改善していくことです。


世の中は当たり前のように「整理→整頓」という順番となっていると思いますが、私たちは整理→清掃→整頓の順序です。

その理由は、三現主義で導き出しています。実際に現場に出て整理しながら現物に触れてみると、整理と同時に清掃が始まる現実があります。
整理する過程でスペースが生まれ、見えなかったところの塵や埃が見えるようになり、次に掃除する清掃が始まる。塵や埃を掃除しないで、整頓をすることはないかと思います。

 

このように、言葉の意味を正確に定義し、きちんとした順番で活動を進めていく事が大切です。
なんとなく5Sを知ったつもりになって、5つの言葉の意味もわからずに活動している事が多いようです。

 

他にも、5S活動において

  • 資料作りは必要な仕事でしょうか?
  • 集まるだけの会議などは本当に必要なのでしょうか?
  • 評価や点数付けの5Sは本当に正しいでしょうか?
  • 間違いや失敗を責める環境で新たな事が生まれるでしょうか?

 

一見、当たり前と思っているコトを疑ってみて、すべてを見直してみませんか?