足利市では2010年より社内の5S活動でリーダーシップを発揮して取り組む人材の育成を目的に、足利5Sインストラクター養成講座を開講しております。
今年3月に第8期生が修了し、第9期が4月から始まりますが、今までに計120名ものインストラクター生が誕生しています。

 

市内の企業だけではなく、市外の方も参加して約半年間に渡っての講義となっております。
カリキュラムは、前半は座学をメインに教育を行い、後半は実習受入企業に
出向き、受講生自らが現場指導を行うという実践の場を提供しております。そして、第9期生からは、きむら5S実践舎に変わり、前半の座学講義を鈴木5Sコンサルティングが行います。

 

世の中の教育は一般的には how to で改善のテクニックやノウハウを教えますが、この教育は自分で考える、自ら責任をもって意思決定するという姿勢や考え方をメインとした教育となります。

 

開講してまだ間もない頃は、周囲の様子を伺いながらの姿勢も見受けられますが、講義中に人前で話をしたり意見を述べたりする機会を通じて、または、チームで訪問する企業での現場研修を実践していく中で、受講生に積極性が芽生えて周囲との結束力が上がっていきます。


講座を受ける前と後では、受講生の顔つきが変わり、一回り成長した姿に感動を覚えるほどです。

 

※この5Sインストラクター養成講座が気になった方は、下記サイトにて募集しております。チェックしてみてください。